Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 17日

1953FL1200 キックスターター周り

今日はNさんのパンヘッド、キック周りのお話。

a0248662_1322563.jpg

まずはスターターギアブッシュ。
ガタがあったのでブッシュを抜き製作します。

a0248662_1333139.jpg

キック始動時だけではなく、エンジンが動いているときは常に回転しているメインシャフト上で摺動しています。
おまけにスタータークラッチスプリングに押されているスターターギアはスタータークランクのカムプレートにより片側だけ押さえつけられることで保持されているため、ここのブッシュにガタが出てしまっていることが多いです。
このブッシュにガタがあると、キックギアの抜けの原因になります。


a0248662_1324415.jpg

オイル溝も切り完成。

a0248662_1335974.jpg

圧入後、ハメ代分縮んだ内径をホーニングして調整。

a0248662_1341712.jpg

ガタ無くスルスルに。

a0248662_1345731.jpg

クラックが入っていたキックカバーは社外のものに交換。
キックシャフトに対し付いていたブッシュが渋いのでホーニングして調整。

a0248662_1363682.jpg

a0248662_1365548.jpg

仮組みしナットを締めるとスラストが無く固着。
スタータークランクワッシャーが厚いようです。カバーを変えたことで帳尻が変わってしまいました。

a0248662_1384817.jpg

今回はワッシャーの厚みを薄くするのではなく、スターターシャフトの鍔部分を切り帳尻を合わします。

a0248662_1392778.jpg

スターターシャフトとスタータークランクの"止まり部分”が少々ブッシュより出るように調整。

a0248662_14043100.jpg

キックアームが上を向くときにスタータークランクのピン位置がこの位置に来るように組みます。

a0248662_14164.jpg

ガタがあったキックアームはプレスします。

a0248662_140378.jpg

そしてもうひとつキックカバーを交換したことで弊害が。
スタータークランクとスターターギアの位置関係が微妙に変わり、クランク時のギアのかかりが悪くなりました。
カムプレートを少々削り解消。
というわけでキック周り完成です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-17 02:21 | 1953FL1200 | Comments(0)


<< 授業風景      授業風景 >>