2015年 02月 11日

1970TRIUMPH T120 プライマリードレン

クラックが入っていたKさんのトライアンフ・プライマリードレンボルトのねじ山部。
こいつを修正していきます。

a0248662_2357356.jpg


a0248662_235714100.jpg
a0248662_23574153.jpg

プライマリーチェーンのアジャスタースクリューが収まっている穴と共になっているドレンボルト部分。
プライマリーカバーの面を出すためネジ部の肉厚が非常に少ない。
取り外しを頻繁にするドレンボルト部の肉厚がこんなに薄いのは設計ミスでしょう。

クラックが入ったネジ山を埋めるにしても、アジャスタースクリューが入る長穴で斜めに開いている穴を開け直すとなると、ちゃんとした冶具を作らなくてはいけません。
肉厚が薄いためヘリサートも出来ない。
熊本のトライアンフスペシャリストに相談すると、歪むのであまり熱をかけないほうが良いとのこと。
という事は、全周肉盛しヘリサート作戦も駄目。

クラック部分だけ溶接し、残ってるねじ山を活かし多めにねじ山を切り、首下の長いドレンボルトを製作し、乗り切る作戦に。

a0248662_2358837.jpg

という訳で、クラック部分を溶接。
内側に溶け込まないように、ボルトを入れときました。

a0248662_23581993.jpg
a0248662_23583054.jpg

プライマリーカバーの合わせ面の溶接はオイルストーンを使いシコシコと削る。
ドレン上部の持った部分は、見た目は悪いですが、肉厚確保のため削らずにそのまま。


a0248662_23591291.jpg

a0248662_23592617.jpg

a0248662_23594856.jpg

中まで溶け込んでしまった溶接はリューターで削り、多めにタップでネジ山を切る。


a0248662_00869.jpg

ケースをボール盤にセットアップし座面部を作ります。

a0248662_002096.jpg

ドレンネジ山と同じ7/16”-14山に切った棒をチャックに銜え、ドレン部に差し込んだ状態でセットアップし、ネジ穴に対し垂直を出します。

a0248662_003584.jpg

セットアップ後、砥石を使い研磨。

a0248662_005374.jpg

以前よりも座面の当り面も多くなり、しっかり面の出ました。


a0248662_011072.jpg

a0248662_012126.jpg

首下長めのドレンボルト製作。
ついでに回し易いように頭も長めにしておきました。

a0248662_01493.jpg

という訳で加工終了。
どうにか上手くいきました。
初めてやる作業で緊張していたのか、無事作業が終わったときに急な睡魔が襲ってきました。

こういう作業を乗り切ると、共に作業をした生徒さんであるIさんと、年の差を越えて友情が芽生えたような気になります。これだからスクールはやめられません。ネジ山を見て「いいですねー」と言っている画はヤバイですが・・・。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-11 00:51 | 1970TRUMPH T120 | Comments(0)


<< 1950 陸王VF1200 カ...      1976XLCH1000 クラ... >>