Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 09日

1980XLH1000 カムブッシュその1

今日はIさんにアイアンスポーツ・カムブッシュのお話。

a0248662_23515325.jpg

少々ガタがあったカムブッシュは交換することに。
ブッシュを抜き、カバー側ブッシュホール計測。傷、楕円もあるところで0.01mm程度で良好。

a0248662_23521581.jpg

新品ブッシュ計測。
写真左はイースタンパーツ製、右はJIMS製。
イースタンパーツのブッシュ内径はカムシャフトに対し0.05mmのクリアランス。
JIMSのものは0.03mmでJIMS製のもののほうが小さめに作られています。
外径はイースタンパーツのものより、JIMSのほうが0.04mm大き目。
イースタンパーツのブッシュではハメ代が心もとないので、JIMSを使うことに。
JIMS製は鍔の部分が小さめに作られているので、ダウエルピン穴を開けるのに気を使います。

a0248662_23522724.jpg
a0248662_23523868.jpg

外径はケースに対し0.03mm~0.04mm圧入代になるように研磨。

a0248662_23524975.jpg


a0248662_2353581.jpg

冶具を使い、ダウエルピン穴加工。

a0248662_23531653.jpg

a0248662_23532982.jpg

ギアの逃げ部分やオイル穴加工し、ダウエル穴位置に印をつけておきます。


a0248662_23551021.jpg

カムカバーを冶具に付けよく暖め、ブッシュ圧入。

a0248662_23552040.jpg

ダウエルピンを付け、圧入完了。
次回、リーマー作業です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-09 00:19 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 1976XLCH1000 クラ...      1947FL1200 T/Mシフター >>