Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 01日

1947FL1200 T/Mカウンターシャフト組み立て

今日はIさんのナックルヘッド、T/Mカウンターシャフト組み立てのお話。

a0248662_11047100.jpg

LOW、2NDギアのフローティングブッシュは、少々ガタがあったので交換。

a0248662_1105778.jpg

a0248662_1111047.jpg

カウンターシャフトはベアリング受け部分に虫食いがあったのでJIMSのものに交換。
しかしながらJIMSのシャフト径が太く、19.19mm
カウンターシャフトギアのベアリングレース部、内径が25.55mm
STDサイズローラーは0.125”(3.175mm)
これだとクリアランス0.01mmになってしまいます・・・。

以前にSTDサイズをとってなぜか入っていたローラーサイズが3.160mmのものがあったので、こいつを使い、クリアランス0.03mmに。
メーカーの間違いで使い物にならなかったサイズのローラーが使えました。

ちなみに、JIMS製の新品カウンターシャフトギアのベアリングレース部を計測すると、内径25.57mm。
これで考えると、JIMS製カウンターシャフト19.19mm、STDローラー3.175mmでクリアランス0.03mmの計算。つまりJIMS製セットで使うのが良いってことか。


a0248662_1112558.jpg
a0248662_1113424.jpg

仮組みしてスラスト量をシム調整。


a0248662_112495.jpg

a0248662_1124612.jpg

真っ直ぐ入れるのが難しいメインベアリングシールは作った圧入冶具を使い圧入し、ギア周りの組み立て終わり。次はシフター、キック周り。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-02-01 01:44 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 4SPEED T/M メインド...      金曜日なんやかんやと >>