Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 15日

1976XLCH1000 ピニオンブッシュ

今日はZ君のアイアンスポーツ、ピニオンブッシュのお話。

a0248662_0143942.jpg

ピニオンシャフトのブッシュ受け部分(先端部)が少々減っていましが、JIMS製のブッシュは内径が大分小さく作られているので、このシャフトを使います。

a0248662_014528.jpg

ブッシュのあたっていたとろが減り、あたっていなかった先端部で少々段つきになっています。
このままブッシュが入るようにしてしまうと、実際の摺動部分ではクリアランスが多くなってしまいます。
ペーパーを使い段付きを無くします。

a0248662_031651.jpg

専用生爪を使い、ピニオンシャフト径に合わせブッシュ内経拡大。

a0248662_0152256.jpg

a0248662_0153618.jpg

外径は問題なく、カムカバーに圧入。


a0248662_0313748.jpg

a0248662_0163254.jpg

使うピニオンシャフトのサイズに合ったリーマー用冶具製作。
クランクケースとカムカバーを組み、ピニオンベアリングレースを軸にしてラインリーミング。


a0248662_016437.jpg

ホーニングしてブッシュ完成。

a0248662_0165567.jpg

でこちらはピニオンシャフトベアリングローラー.0004”オーバーサイズでローラー径4.77mm
レース内径34.96mm シャフト径25.39mm でクリアランス0.03mmなのですがこのローラーもともと付いていたローラーよりも全長が0.3mmも長い。そのためケージに嵌まり込みローラーが回らない。
ブツブツと愚痴りなら13本のローラーの全長を切削。


a0248662_0173780.jpg

カムカバー、ローラー、シャフトを組みスルスル回るかチェック。
うふふ。ここまではよい感じ。次回はカム周りのお話です。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2015-01-15 00:54 | 1976XLCH1000 | Comments(0)


<< 1970TRIUMPH T12...      VELOCETTE MAC F... >>