2014年 12月 20日

1963FLH1200 フロントブレーキケーブル

今日はSさんのパンヘッド・フロントブレーキケーブル製作のお話。
元々ついていたケーブルチューブが変に曲がっていた事とハンドルバーを交換したので、ケーブル周り製作することに。

a0248662_02654.jpg

こちらの写真は純正のケーブルチューブ。
外径10mm内径8mmのパイプがドラムフィッティング部へいくとテーパーになっています。内径も同じく細くなり曲がっています。溶接、ろう付けの跡もありません。これどうやって作ったのでしょうか?
自分なりに作ってみます。

a0248662_0265346.jpg

a0248662_0271076.jpg

まずはドラムフィッティング部分は8mmの同パイプで製作。
テーパー加工し取り付け、曲がりに角度を決める。

a0248662_0272720.jpg

パイプに板金半田付け。

a0248662_028981.jpg

塗装しこんな感じに。


a0248662_0274535.jpg

ケーブルも製作。直留めだったアウターケーブルにはフィッティング取り付け。

a0248662_0284386.jpg
a0248662_029881.jpg

長さを決め、インナーケーブルにタイコ取り付け。

a0248662_0294914.jpg

という訳でフロントブレーキケーブル出来上がりです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-12-20 00:51 | 1963FLH1200 | Comments(0)


<< 授業風景      1976XLCH1000 カム... >>