Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 02日

1947FL1200 T/M組み立て(メインシャフト)

今日はIさんのナックルヘッド・トランスミッションの組み立てのお話。

a0248662_114455.jpg
a0248662_1145753.jpg

メインシャフトはスターターギアの摺動面部分が大分減っていたのでアンドリュースのものへ交換。

a0248662_1153431.jpg

a0248662_1164948.jpg
a0248662_1165866.jpg
a0248662_1171149.jpg

メインドライブギアブッシュもJIMS製のものに交換。
シャフト径(25.38mm)に対し内径が0.08mmほど小さく作られているJIMSのブッシュを内径拡大。
専用生爪に銜え旋盤で切削。嵌め代分+クリアランスを考え拡大。


a0248662_1173277.jpg
a0248662_1174478.jpg
a0248662_1175572.jpg
a0248662_11865.jpg

メインドライブギアにブッシュ圧入後、圧入分縮み渋くなったブッシュを中古シャフトを使いラッピング&ホーニング。


a0248662_1185833.jpg

a0248662_119850.jpg

虫食いがあったベアリングレースはJIMS製のレース(.002”o.s)に交換。

a0248662_1192929.jpg

a0248662_1195863.jpg

レース圧入後ラッピング&計測。
ケース側が少々楕円だったためか、レース側にも反映され少々楕円に。
真円になるまでラッピング。

a0248662_1202193.jpg

レースを47.75mmまで拡大。メインドライブ41.36mmに3.175mmのローラーを入れクリアランス0.04mmに。

a0248662_1222139.jpg

本組み前にメインドライブギア、メインシャフトを仮組みして、変な引っかかりなどないか、回りっぷりを確認。

a0248662_1223121.jpg

a0248662_1225149.jpg

メインシャフトに1速&2速ギアとボールベアリングを組み、メインシャフト組み付け。

次回はカウンターシャフトであります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-12-02 01:54 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 授業風景      授業風景 >>