Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 16日

1953FL1200 トランスミッション組み立て(メインシャフト)

パンヘッドのNさんはトランスミッション組み立て。
ご多聞に漏れずドレンボルトから。

a0248662_234641.jpg

ヘリサート加工されていたドレンボルト。
コイルが長すぎ、ボックス内で取れかかっていたので抜き取り、新たに入れ直します。

a0248662_23461838.jpg

しかしながらこのネジ穴、斜めに開いてしまっています。ミッションを降ろさず作業したのでしょう。
このネジ穴を垂直にするにはコイルを取り、斜めに開いたネジ穴を取りきれる大きさの下穴を開け、大きなサイズのネジ穴を切らなくてはなりません。
オーナーのNさんと相談し、今のネジ穴に対して垂直に座面を作ることに。

a0248662_23463375.jpg

ドレンにスタッドボルトを入れておき、スタッドボルトをチャックに銜え、この状態でケースをセットアップ。

a0248662_23465841.jpg
a0248662_2347944.jpg

軸付砥石を使いボルトに対して垂直に座面を出します。

a0248662_23471947.jpg

ピターリ。

a0248662_23483351.jpg

コチラはメインドライブギアブッシュ。
抜けかかっていたメインドライブギアブッシュはJIMS製の物に交換。

a0248662_2348052.jpg

予め専用生爪に銜え、旋盤で内径拡大。
小さめに作られているブッシュ内径をシャフト径+クリアランス分の大きさまで広げておきます。

a0248662_23484695.jpg
a0248662_2349076.jpg
a0248662_23491647.jpg

a0248662_23493276.jpg

圧入後、中古シャフトを使いラッピングしホーニングで仕上げ。


a0248662_23495261.jpg

コチラはメインベアリングレース。
大分広がり、0.02mm楕円・テーパーになっていたレースをラッピング。

a0248662_2350563.jpg

真円になったのがレース内径47.80mm時
最大サイズの0.001”o.sのローラー(3.20mm)を入れクリアランス0.04mm。
ギリギリラインです。
これ以上大きくなっていたらレース交換でした・・・。

a0248662_23501740.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-16 00:28 | 1953FL1200 | Comments(0)


<< 授業風景      製作もの >>