2014年 11月 09日

授業風景

週末の授業風景です。

a0248662_20284296.jpg

a0248662_20293915.jpg





1975XLH1000
a0248662_2029833.jpg
a0248662_2030368.jpg

Oさんのアイアンスポーツは50Km試走。
一回目のオイル交換、増し締めでありますが、キックシャフトシールからのオイル漏れ発覚。
キックシャフトのオイルシールを変えるためには、プライマリー回りを分解し、スタータークランクギアの抜かなければなりません。
と言うわけでプライマリー回り分解。
学習成果あり。一人でバラシさっさと組み立ててしまいました。





1953FL1200

a0248662_20341583.jpg

a0248662_20331469.jpg
a0248662_20332324.jpg
a0248662_20333575.jpg

Nさんのパンヘッド。
メインドライブギアブッシュ交換、ベアリングレースラッピング、ローラーサイズ選出作業も終わり、T/Mメインシャフト組み付け。





1950陸王VF1200

a0248662_20343814.jpg

a0248662_20345539.jpg

a0248662_2035976.jpg

a0248662_20352159.jpg
a0248662_20353187.jpg

Tさんの陸王はフロントホイール回り、分解・清掃・計測
ドラム側のベアリングレース、フロントアクスルスリーブ共に状態良し。しかしながらベアリングケージは破損しています。このケージはパーツが出ないため、スターハブ用のケージを加工して使います。
ホイール側のリテーナースリーブ、アウターベアリングレース共に良好。
何故かベアリングローラーが圧入気味で入っていたのでレースラッピング予定。





1980XLH1000

a0248662_20355136.jpg

a0248662_2036934.jpg
a0248662_20362119.jpg

Iさんのアイアンスポーツ
ロッカーアームブッシュのブッシュ圧入&ラインリーミング作業が終わり、ラッピング作業とホーニングで仕上げ。ガタ無しスムーズロッカーになりました。
その後、シリンダーとヘッドの錆と格闘。





1939 VELOCETTE KSS MKⅡ

a0248662_20365440.jpg

a0248662_20371333.jpg

a0248662_20372731.jpg

Eさんのベロセット
サドルシートのピボット部の段付きカラー製作。この部分にガタがあると、コーナリング時にシートが左右に動き非常に不愉快です。
自ら計測し、図面を書き、旋盤で製作しました。お陰で、旋盤作業にも馴れ、シートマウントがカッチリしました。






VELOCETTE MAC

a0248662_20375339.jpg

a0248662_20381827.jpg

a0248662_20382933.jpg

Oさんのベロセットは引き続き、ミッションの分解作業&清掃。
何時もながら外すのに緊張する、スリーブギアベアリングのスリーブナットは固着し緩めるのに非常に苦労しました。
中折れしてしまっていたエンドカバーボルトは、エンドミルで面を出し、ボルトの中心に穴を開けエキストラクターを使い抜きとりました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-09 23:10 | その他 | Comments(0)


<< 授業風景      1972XLCH 修理 >>