2014年 11月 01日

1946 BSA B31 腰下組み立て その2

修理依頼のBSA B31のクランク組み立て続き。

a0248662_314710.jpg
a0248662_3141855.jpg

クランクシャフトのディスタンスカラーが長すぎて、ドッついてしまった為、ダミーでカラーを作りスラスト計測。
計算上のスラスト量と実測のスラスト量は変わってしまうので、短いカラーから作り、少しづつ長めのカラーを作っていき正確なスラスト量を計測。最終的には24.8mm長のカラーでスラスト量0.15mm。


a0248662_315434.jpg

コチラはダンパースプロケットのスペーサー。
元々のものは全長が短く、ケースと干渉していた跡がありました。また、溶射して外径が大きくなったシャフトには元々のサイズでは入りませんので単品製作。

a0248662_3152243.jpg

生爪を製作してスペーサーを作りました。

a0248662_315353.jpg

絶妙に逃げています。

a0248662_315452.jpg

新品ドライブシャフトナットもネジ部が渋く、シャフトに入りませんでした。
ドライブシャフトのネジ部は3/4”-20山、もちろんこんなサイズのダイスなど無く、F君に1/2”-20山のタップでしこしこと削ってもらいました。

a0248662_3162131.jpg
a0248662_316317.jpg

仮組みしてオイルポンプのチェック。
ちゃんとビッグエンドにオイルが行っています。

a0248662_3172470.jpg
a0248662_3173337.jpg

バルブのタイミングマークを合わします。
IN側は棒印、EX側は点印。IN側の棒印が曖昧なので一応バルブタイミングをチェック。

a0248662_3174921.jpg

a0248662_3175923.jpg

バルブタイミングはIN OPEN BTDC25° CLOSE ABDC65°  EX OPEN BBDC65° CLOSE TDC25°
チェッキングクリアランスは0.076mm

a0248662_3181478.jpg

問題なく本組み。
錆びていたマグネトー・ダイナモを留めるバンドも黒く塗り、腰下完成。
修理作業hここまで。これでオーナー様にお渡し出来ます。





テゥルテゥルクランクです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-11-01 04:15 | 1946 BSA B31 | Comments(0)


<< 授業風景      1950陸王VF1200 クラ... >>