2014年 10月 30日

1950陸王VF1200 クランク回り分解・計測

Tさんの陸王のクランク回りのお話。

a0248662_215336.jpg
a0248662_22945.jpg
a0248662_221812.jpg

正確な締め付けトルクが解らない車両、クランクピンナットを緩める前にどれぐらいの締め付けトルクで締まっていたか確認し分解。
140N.mで締まっていたクランクピン、少々弱いです。

a0248662_224824.jpg

スプロケットシャフトは190N.mコチラは良いです。

a0248662_253028.jpg
a0248662_254698.jpg

で、ビッグエンドベアリング計測。
ビッグエンドベアリングレース、フロント側(この車両はフォーク側がフロント、ナイフ側がリア)は0.04mm楕円、リア側は0.03mm楕円。しかしレース自体はそんなに減っておらず。
クランクピンは段付き無し。

この車両はレース、クランクピンがそんなに減ってない割にはビッグエンド部にガタがありました。
もちろんローラーが大分減っていたのですが、車両によってレース側が減っているもの、ローラー側が減っているもの、ピンが減っているものそれぞれです。減り方の違いに何か原因はあるのでしょうか?


a0248662_26356.jpg
a0248662_264478.jpg

スプロケットシャフトベアリング計測。
レースは楕円無くシャフト段付き無しで良好。



a0248662_2134399.jpg

卒業生のNさん久しぶりに登場。
6年前にレストアしたアイアンスポーツ。タイミングホールのねじ山がナメて、泣く泣くエンジンを降ろさずヘリサート加工。今回はどうにか出来ましたが、ちゃんとやるにはケースを割らなければなりません。


a0248662_2142766.jpg

a0248662_2144923.jpg

コチラもトリニティー卒業生仲良し3人組。
元気に走っております。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-30 03:01 | 1950 陸王VF1200 | Comments(1)
Commented at 2014-10-30 16:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 1946 BSA B31 腰下...      1953FL1200 ヘッド回... >>