Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 29日

1953FL1200 ヘッド回り分解・計測

Nさんのパンヘッド分解後、清掃・計測作業です。

a0248662_11495548.jpg

a0248662_11501862.jpg

こびり付き固まったカーボンを剥離剤を使い溶かしながら清掃。
特ににガイド付近のカーボンはガイドを抜く際にヘッドのガイドホールを傷つける恐れがあるので、念入りに除去します。

a0248662_11481833.jpg

清掃作業が終わりそれぞれ計測。
ローカーアームはほぼ段付きも無く良好。

a0248662_11492587.jpg

a0248662_1148680.jpg

ロッカーアームベアリング内径計測。
ロッカーアームベアリングスタッドナットを規定トルクで締め付け計測。
楕円は少々・・・大きいところではロッカーアームに対してクリアランスが0.09mm程度あるので真円加工します。
ボトム側のロッカーベアリングの面をフライスで削り、縦方向のロッカーベアリングの内径を縮めておき、トップ側とボトム側を組んだ状態でラッピングし、使うロッカーアームと合わします。



a0248662_11484572.jpg

バルブガイド径も計測。
EX側はバルブステム径に対してクリアランス0.06mmでO.K
IN側はクリアランス0.09mmあるのでガイド交換。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-29 12:21 | 1953FL1200 | Comments(0)


<< 1950陸王VF1200 クラ...      1939 VELOCETTE ... >>