2014年 10月 16日

1976XLCH1000 シリンダーヘッド(バルブスプリング・ロッカーアームブッシュ)

今日はZ君のアイアンスポーツ、ヘッド回りのお話。
バルブガイド、シートの作業が終わり、ヘッド回りの作業も大詰め。
まずはバルブスプリングから。

a0248662_0513688.jpg
a0248662_052075.jpg

ヘッドにインナースプリング、スプリングカラーを取り付け、アウタースプリングの取り付け長を計測。
インテーク側はF、R共に31.5mm  EX側はF33.7mm R33.6mm
インテーク同士、エキゾースト同士が合っているのでシム調整は不要。
ちなみにマニュアルでは32.5mm

a0248662_0521655.jpg

新品スプリングも一応計ります。
取り付け長に圧縮時のスプリング圧計測。
4本とも同じ圧力で問題なし。

a0248662_0524880.jpg

という訳でバルブスプリング本組み。


a0248662_053863.jpg

でコチラはロッカーアーム。
優秀だったロッカーアームも一本だけブッシュとアームのガタがあったので、ブッシュ交換。
使うブッシュはKIBBLEWHITE製。シャフトに対し0.15mmも小さめに作られているので、後々のリーマー通しが非常に困難になります。

a0248662_0532015.jpg

a0248662_0543051.jpg

専用爪に銜え、クリアランス、嵌め代分を考え内径拡大。

a0248662_0544562.jpg

a0248662_0534577.jpg

専用プッシャーで圧入後、ラインリーミング。

a0248662_0563726.jpg

ホーニングで仕上げ。

a0248662_0554094.jpg

ガタ無しスムーズになりました。

a0248662_0565458.jpg

ロッカーカバーに取り付け。

a0248662_057773.jpg

ヘッドにロッカーカバーを取り付け。
締め付けトルクで均等締めしヘッド完成です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-16 01:22 | 1976XLCH1000 | Comments(0)


<< 1977XLCR1000 最終仕上げ      1939 VELOCETTE ... >>