2014年 10月 09日

VELOCETTE THRUXTON カム回り

修理依頼のベロセット・スラクストン。
クランクケーススタッドが抜け、カムホイールスピンドルホールがやられてしまっていた車両です。

a0248662_1494346.jpg

a0248662_1532515.jpg

アルミが剥がれてしまっていたカムホイールスピンドルホールは、剥がれていないところを頼りにして中心を出し真円拡大し、13.47mmに。

a0248662_1564135.jpg

カムホイールスピンドルの圧入部分は溶射&研磨して、ケース側に対して嵌め代0.04mmとり、13.51mmに。

a0248662_1573922.jpg

ケーススタッドのねじ山はヘリサート加工。

a0248662_1592456.jpg

a0248662_1594260.jpg

a0248662_1595650.jpg

ここで問題が。
カムギアプレートを付けるとギアがドッついていまい、回らなくなります。つまりスラストがありません。
溶射をして段付いた部分が悪さをしています。


a0248662_20171.jpg
a0248662_203426.jpg

両センターで押し旋盤で段付き部分を少々切削。
スラストをつくり回るようする。

a0248662_20461.jpg

a0248662_2245964.jpg

a0248662_226610.jpg

ケースを良く暖め圧入。
圧入後、カム・カムプレートを仮組みしてカムホイールの回りっぷりチェック。

a0248662_21774.jpg

マグネトーギアを付け、4方向でそれぞれのバッククラッシュをチェック。
偏心無く問題なし。カムホイールスピンドルホールを掘ったのでここが心配でした。

a0248662_214219.jpg

a0248662_215923.jpg

問題なのが、インターメディエイトギア。
インターメディエイトギアに白ペンで印した部分が、ピニオンギア側、カムホイール側ともに渋い・・・。
つまり偏心している恐れが。
ベロはインターメディエイトスピンドルを動かしピニオンギア、カムホイールともにバッククラッシュを調整出来る様になっていますが、インターメディエイトギア自体が偏心していると意味が無いです。
分解時に気がつきませんでした・・・。

ギアに対してブッシュのセンターがでていない恐れがあるので、もうちょっともがいてみて駄目だったらブッシュ交換してみます。


a0248662_232935.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-09 02:42 | VELOCETTE THRUXTON | Comments(0)


<< 1933 SUMBEAM MO...      SUMBEAM 再び >>