2014年 10月 06日

1976XLCH1000 シリンダーヘッド回り作業

バルブガイドの加工が終わったZ君のアイアンスポーツ。
ヘッド側のガイドホール問題があったのです。

a0248662_11514562.jpg

ヘッド側のガイドホール。F側は問題なかったのですがR側はIN、EX共に0.05mm楕円でありました。

a0248662_1152397.jpg

まずは問題が無かったF側。
加工済みのバルブガイドを圧入。

a0248662_11522320.jpg

a0248662_11524090.jpg

ガイド圧入後、嵌め代縮んだガイドを+クリアランスでリーミング。


a0248662_1153078.jpg

a0248662_11561335.jpg

a0248662_11553819.jpg

シートカット、擦り合わせをしてバルブの傘とバルブシートのあたり位置、幅を調整。

a0248662_11543166.jpg

最後に漏れチェック。

a0248662_11555118.jpg

a0248662_12103317.jpg

でこちらは問題のR側ヘッド。
EX側ガイドホールは14.40mmのリーマーで専用冶具をつくり、バルブシートのセンターをだしリーミング。
EX側はこれでOK.

a0248662_11535437.jpg

a0248662_11541282.jpg

IN側は14.40mmでは取りきれず、その後14.45mmのリーマー&冶具、14.50mmのリーマー&冶具と拡大しつつ、状況は変わずとりきれない。
バルブシートの中心として拡大しているので、大分偏心して削れてしまっているようです・・・。
しかも進行方向ではなく横方向の傷、以前に何があったのやら・・・。
ともあれこれはもうフライス加工が必要であります。

a0248662_11545254.jpg

なんやかんやと考えていましたが、Fさんが1000CCのヘッドを持っていたのであります。
しかもバルブガイド加工済み。
コイツを使うことに決定。Fさん有難うございます。

鉄ヘッドのアイアンでガイドホールがこんなにやられていたのは初めてでありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-10-06 12:24 | 1976XLCH1000 | Comments(0)


<< 1938 INDIAN CHI...      授業風景~計測天国~ >>