Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 27日

1938 INDIAN CHIEF ホイールベアリングその1

今日はMさんインディアンチーフ・ホイールベアリングのお話。
チーフのホイールベアリングは片側はホイールハブ、片側はブレーキドラムに付きます。
今回はホイールハブ側のローラーベアリング。

a0248662_1181946.jpg
a0248662_1183093.jpg

ホイールハブに圧入されているベアリングレース。
奥にはフェルトとワッシャーが入っているのですが、ハブとレースにはそのフェルト分の隙間しかなく、このレースが抜けない・・・。(内爪ベアリングプーラーを使ったのですが、爪が折れてしまいました)


a0248662_1184183.jpg

レースにフラットバーを溶接し橋をわたし、叩き抜きました。


a0248662_1193432.jpg

a0248662_1185135.jpg

ベアリング・ベアリングレース・ベアリングサポートスペーサー・スラストワッシャーがアッセンブリーになっています。(図6.7.10.11.12.13.15)
17のベアリングナットの締め込みでスラスト調整をするのでしょう。
ローラーベアリングは2サイズしかないので、レースが駄目になっていたら交換するものなのでしょう。まぁレースが交換できる分、スターハブよりマシですね。

初めてのインディアン、疑問な部分も多く考えながらやりますので時間がかかりますが、1つずつその疑問を解消していきます。
次回はアッセンブリーになっているベアリング側を分解予定。

a0248662_12171.jpg






GARAGEⅡ 増設

a0248662_1225477.jpg
a0248662_1231267.jpg

木曜日の休みを利用して棚を製作。
なんだかクチャクチャになって来ました。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-27 01:52 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)


<< 授業風景      1950陸王VF1200 エン... >>