Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 18日

1980XLH1000 ヘッド分解計測

Iさんのアイアンスポーツ引き続き、分解作業。今日はヘッド回りのお話。

a0248662_0274889.jpg
a0248662_0281392.jpg
a0248662_0282353.jpg

CRフレームから、エンジンヘッド部とフレームのマウントはフロントとリア別々で止めます。
ロッカーカバーボルトがサポートマウントになります。


a0248662_02840100.jpg
a0248662_028504.jpg

バルブ分解。
ステムに大分かじった跡。バルブ交換決定。

a0248662_0291272.jpg
a0248662_0293022.jpg

バルブガイド内径計測。
バルブステムに対して0.1mm程度広がってしまっていますのでガイド交換。
ガイドを抜く際、ガイドにこびり付いた硬いカーボンがヘッドのガイドホールを傷つけてしまうので、剥離剤を使い、カーボンを綺麗に除去。これに時間がかかるのです。

a0248662_0294366.jpg
a0248662_0295456.jpg

ヘッドを暖め、ガイドを抜きガイド穴計測。
ガイドホールは無傷で楕円無し。14.30mmでSTDガイドでいけます。


a0248662_0301362.jpg

ロッカーアームも洗浄し計測。
ロッカーシャフトはほぼ減っておらず問題無し。ロッカーアームのバルブステムとの摺動部もほぼ減りが無く良好。ブッシュは少々ガタがあるので交換予定。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-18 01:04 | 1980XLH1000 | Comments(0)


<< 1963FLH1200 シリン...      授業風景 >>