2014年 09月 06日

1938 INDIAN CHIEF オイルポンプ分解

今日はインディアン・チーフのオイルポンプ。
初めて分解するインディアンのオイルポンプ。いつもお初のときはドキドキとワクワクが込上げて来ます。

a0248662_22014100.jpg
a0248662_2203213.jpg
a0248662_2204373.jpg

前回苦労して抜いたデストリビュータースリーブにイモネジは、ポンプ分解には必要なく無駄骨・・・。まぁナメてしまったネジを抜いたわけだから良しとしよう。
問題はリターン側のギアがキーと固着し取れない・・・。ポンプボディーが邪魔でプーラーも使えない。荒業であるがプレスで押し無理やり抜く。


a0248662_2215149.jpg

a0248662_2274558.jpg

という訳で無事分解。
プランジャー式のフィード側。フロントカムシャフトで駆動し、斜めに切られた溝がネジで押さえられることで上下運動しオイルタンクから落ちてきたオイルを加圧。ピニオンシャフト通りビッグエンドへ。

a0248662_222324.jpg
a0248662_2223258.jpg
a0248662_2224888.jpg

リターン側はお馴染みのギア式。
リアカムシャフトで駆動し、クランクケースしたにあるオイルリターンサンプバルブからオイルを吸い上げオイルタンクへ。
リターンシャフトはイモネジを抜くことでブッシュと共に抜けます。
またこのシャフトはデストリビューターを回す役目もしています。
ギアは虫食いがあるので交換予定。

a0248662_222594.jpg

リターン側ポンプギアの内壁は少々傷があるものの使えると判断。




1978FXS1200

a0248662_2243724.jpg

午前中は卒業生Mさんの車検作業。
週末は新入生がお二人来ますので、パーツを整理し分解したパーツ置き場を確保。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-09-06 03:11 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)


<< 1953FL1200 授業開始      1971XLH900 その2 >>