Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 27日

VELOCETTO KSS MKⅠ ギアボックス分解 その2

クラック祭りだったヴェロセットKSS。
落ち込んでいても仕様が無いので中身の分解・計測作業。

a0248662_20592951.jpg
a0248662_20593910.jpg

まずはキックスターター周り。
キックスプリングは折れていて終了。キックスターターベアリングスラストピンは入っておらず。

a0248662_20595368.jpg

OHVモデルと違い、カウンターシャフトの軸受けにもなっているキックスターターベアリングブッシュはニードルローラーになっています。(OHVモデルはブッシュ)

a0248662_2102182.jpg
a0248662_2103340.jpg

フットギアチェンジのラチェットシステム。
ギアの入りっぷりを左右しそうなPAWL(歯止め)は加工された跡があります。
リターンスプリングである、サーキュラースプリングは組み立て時に苦労しそうです。
ちなみにこのスプリング当時は軽いものと、重いものがあったようです。

a0248662_2105784.jpg
a0248662_211925.jpg

シフターカム周りの作りは、フットギアチェンジシステムが外付けなので大分簡素。

a0248662_2111950.jpg
a0248662_2113770.jpg

a0248662_2114797.jpg

レイシャフトのギアスラストチェック。
1STギアとドライビングギアの圧入っぷりでスラスト量を調整してあります。
0.2mm~0.3mm程度でよい感じ。

a0248662_2123119.jpg

a0248662_2124486.jpg

a0248662_2125712.jpg

1stギア、ドライビングギアを抜き取り、2nd,3edギアのブッシュ計測。
シャフトとのクリアランスが0.07mm、0.08mmでブッシュ交換です。

a0248662_2131648.jpg
a0248662_2132761.jpg

メインシャフトとスリーブギアブッシュ計測。
シャフトのブッシュ受け部は大分テーパーになってしまっています。
端から端の差が0.12mm・・・こりゃ駄目だ。

とまぁぼちぼちと進めていきます。






授業風景
今日は盗撮風授業風景です。


1975XLH1000
a0248662_2135719.jpg

アイアンスポーツのO山さんは引き続き配線作業。そろそろ終わります。


1947FL1200
a0248662_2155851.jpg

ナックルヘッドのI籐さんは前回分解したパーツ洗浄中。一日掛かりです。







急募
土曜日・日曜日のレストアスクールの生徒さんがもうすぐ卒業間近ですので、スクールに空きが出ます。
という訳で、新入生大募集中です。
エンジン・車体含めたフルレストア、エンジン・ミッションOH、部分修理でもO.Kです。
1978年ショベル・ローライダーの教材車も仕入れ予定あり。
ご興味ある方はご連絡下さい。熱い問い合わせお待ちしています。








レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-27 22:02 | VELOCETTE KSS MKⅠ | Comments(0)


<< 1939EL1000 エンジン始動      1947FL1200 分解作業... >>