2014年 07月 10日

1939EL1000 シフター

今日はWさんのナックルヘッド・シフター回り製作のお話。

a0248662_0205269.jpg
a0248662_028253.jpg

メカニカルトップのジョッキーシフトだった車両、一旦シフトレバーを取り付けるもシフトが困難・・・。
レバーを製作も考えたもののどっち道扱いづらいと判断しエンジンマウントブラケットにシフターレバーをつける事に。
という訳で、製作模様です。

a0248662_029531.jpg

まずダミーブラケットを製作し、扱いやすいシフトレバー位置、ブラケットからの距離、シフターロッドの角度を考察。

a0248662_0293253.jpg

a0248662_029562.jpg

シフターピボット部分とブッシュを製作。ブッシュは片肉0.5mmの薄いもの。
寸法はシフターピボットスタッドの外径から逆算して考える。

a0248662_030540.jpg

シフターピボットスタッドも製作。もちろんガタ無し。

a0248662_0302056.jpg

でこんな感じに。

a0248662_033311.jpg

a0248662_0303052.jpg

シフターロッドもアセチレンガスで曲げ製作。

a0248662_0305539.jpg
a0248662_031525.jpg

溶接・塗装し完成。
ほぼ旋盤を触ったこと無かった生徒さんが、溶接以外自分で作りました。
これ結構凄いことじゃないですか?





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-10 01:02 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< VELOCETTO KSS      1977XLCR 手直し その2 >>