Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 06日

1975XLH1000 外装回り

O山さんのアイアンスポーツはエンジン回りの作業が終わり、外装作業へ。

a0248662_22523577.jpg

まずはハンドル。
ハンドルライザーは60年代のセパレートタイプへ。
XRバーをカットし好みのサイズに。

a0248662_22525151.jpg
a0248662_22531579.jpg

ハンドル中通しのスイッチにするため、ハンドルにねじ山を切ります。
ネジサイズはNO.8-32 アメリカインチでは1/4”以下のサイズはNO.で呼びます。
7/32”=NO.12 3/16"=no.10 5/32"=NO.8 1/8"=NO.6

a0248662_2253294.jpg
a0248662_22544280.jpg
a0248662_22545340.jpg

a0248662_23142684.jpg

付けると動きが渋くなってしまう社外のスイッチは少々加工して取り付け。

a0248662_2255209.jpg
a0248662_22553383.jpg
a0248662_22554392.jpg

純正中古のマフラー取り付け。
たかがマフラー取り付け・・・イヤイヤ毎回なかなか面倒です。
水平・真っ直ぐにマフラーが付くようにカラーなどを製作しつつ取り付け。
シリンダーヘッド部に負荷がかからぬように、エキパイ・サイレンサーの取り付けクランプで位置が出るように取り付けます。
純正マフラーはヘッド部、エキパイ部、サイレンサー部3点で取り付けるのでカッチリ付きます。


a0248662_2259493.jpg

ブレーキアームにガタがあったのでブッシュ交換。
この年式のブレーキシャフトブッシュは社外部品で手に入らないので単品製作。
フットブレーキやフットシフター部分がガタついている車両が多い・・・この辺を気にしない方が多いのでしょう。

a0248662_22592458.jpg

a0248662_22594867.jpg

a0248662_230848.jpg


a0248662_23284377.jpg

という訳で、配線作業に入ります。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-06 23:30 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 1977XLCR 手直し その2      1938 INDIAN CHI... >>