Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 03日

1963FLH1200 T/M組み立て作業

パンヘッドのSさん、トランスミッションの組み立て作業です。

a0248662_1565992.jpg

まずはメインシャフトから。
メインドライブギアのベアリングレース交換・ラッピング・ローラー選択・ブッシュ交換が終わりメインシャフト組み立てます。シャフトはアンドリュース製のものに交換。

a0248662_1573174.jpg

サードギア・ドッグギア・リテーニングリング・ワッシャーはケース内で組みます。
ケースを暖め、キック側のメインベアリングはハウジングごと入れます。

a0248662_1582929.jpg

カウンターシャフト。
ブッシュ・ギア・シャフトは問題なし。

a0248662_1584468.jpg

a0248662_1585562.jpg

ローラーはオーバーサイズ(3.18mm)にしてクリアランス0.03mmに。

a0248662_1594459.jpg

ケースに圧入されているカウンターシャフトブッシュもケースを温め、軽く叩き入りっぷりをチェック。
コイツも問題なし。

a0248662_20356.jpg
a0248662_202012.jpg

磨耗していたスラストワッシャーは交換。ニューワッシャーを入れスラスト量0.2mm程度に。

a0248662_21032.jpg

メインシャフトシールは、はまりっぷりがきつく苦戦。
圧入工具を製作し圧入。

a0248662_26067.jpg

シフター回り。
シフターシャフトブッシュのガタは良好。

a0248662_265131.jpg
a0248662_27279.jpg

パウルキャリアースプリングは交換。
アダプタープレートとシフターシャフトの位置合わせ(写真の位置でシャフトとプレートの凹をあわす)して組み付け。

a0248662_272148.jpg

割れてしまっていたシフターカバーは交換。

a0248662_282741.jpg
a0248662_285813.jpg
a0248662_291146.jpg
a0248662_21083.jpg
a0248662_2101933.jpg

シフターアッセンブリーを仮組みし、1速・2速・3速・4速それぞれシフトチェンジ時のギアの入りっぷりをチェック。

a0248662_211825.jpg

a0248662_2115937.jpg

a0248662_2134376.jpg

キックスターター回り。
キックシャフト・キックブッシュ・ギア回りは良好。


a0248662_2144757.jpg

ミッションスプロケットを規定トルクで締め付け、ミッション完成です。






今日のヒトコマ

午前中はF井氏の車検業務。一発合格でありましたがF井氏、熱中症気味。
a0248662_248974.jpg

a0248662_2482793.jpg


a0248662_2485927.jpg

夜の部のディーナータイムは足立区にある定食屋「ひでまさ」でお食事。
何時もの下らない話で授業時間がおすのでありました。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-07-03 02:55 | 1963FLH1200 | Comments(0)


<< 1938 INDIAN CHI...      1975XLH1000 腰上 >>