Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 24日

1938 INDIAN CHIEF 分解作業(腰下編)

今日はMさんのインディアンチーフ腰下分解の模様です。

a0248662_1172968.jpg
a0248662_1224035.jpg

まずはオイルポンプ。
デストリビューターモデルのものです。

a0248662_1225823.jpg
a0248662_123721.jpg

CAST IRONのオイルポンプボディー、随分豪勢なつくり。
フィード側はプランジャー方式でリターンはギア式です。
このボディーはデストリビューターのマウントでもあります。

a0248662_1572965.jpg

フィード側はフロントシリンダーのカムギア、リターン側はリアシリンダーのカムギアで駆動します。


a0248662_1233572.jpg
a0248662_1235041.jpg

カムギアは虫食いなど無く良好。

a0248662_124772.jpg

ローラータイプのバルブリフター。
タイミングギア回りは非常に英車ッぽいです。以前にやったブラフシューペリア、JAPエンジンを思い出します。

a0248662_1242681.jpg

ピニオンギアを専用プーラーで抜きます。
ここの嵌め代は0.02mm。鉄どうしの嵌め代としてはキツイです。

a0248662_1244293.jpg
a0248662_125099.jpg
a0248662_1251393.jpg

オイルリターンサンプバルブ。
ワンウェイバルブのバルブディスクが段付きになっています。これではワンウェイとしての役目は果たさないでしょう。

a0248662_1254375.jpg

クランクケースを割りクランクシャフトお目見え。
ドライブシャフトローラーは1/4”×5/16”サイズのものが4連で付いています。

a0248662_1255811.jpg

ピニオンシャフトも1/4”×5/16"ローラーで2連。

a0248662_1262257.jpg

クランク分解前に現在のクランクピンナットの締め付けトルクを計測しておきます。
140N.mで締め付けてありました。クランクピンナットの締め付けとしては弱い気がします。

a0248662_126338.jpg

もちろんピニオンシャフト側にはオイル穴が開いているのですが、インディアンには位置決めのためのキーがありません。クランク芯だし時などにオイルラインのズレによるトラブルなどあるのでは?

a0248662_1265256.jpg

ビッグエンドも同じく1/4”×5/16”ローラーが4連。フロント側とリア側2連づつです。


a0248662_1292770.jpg

という訳で今日はここまで。この後は計測地獄が待っています。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-24 02:46 | 1938 INDIAN CHIEF | Comments(0)


<< 1936FLH1200 軽整備...      1965XLCH900 始動後... >>