2014年 06月 14日

1947FL1200 分解作業

ナックルヘッドのI藤さん。
目の手術を終え今日から作業復帰。治療を請け負ったのはトリニティー卒業生のS籐医師。
バイク趣味を通じて多種多様な人々と出会えるのも、うちの醍醐味のひとつです。
ともあれメガネを外したI藤さんは分解作業です。

a0248662_053563.jpg
a0248662_0542857.jpg
a0248662_0544258.jpg

プライマリー分解。
エンジンスプロケット、クラッチハブともにテーパー弱し。

a0248662_0545961.jpg

錆付いているスチールディスクは交換予定。
アルミ製のフリクッションディスクは使いません。

a0248662_0551111.jpg

ミッションを降ろします。
ミッションオイルはミルキー。

a0248662_05521100.jpg

キックカバーのキックシャフト受け部は溶接後が・・・。
やはりこの年代のキックカバーは弱いですね。

a0248662_0554111.jpg

ミッション、エンジン腰下をフレームから降ろし今日はここまで。
次回は腰下・ミッション分解。




a0248662_0555879.jpg

a0248662_0563872.jpg

コチラは修理依頼のショベルヘッド。
梅雨の晴れ間にすかさず試乗。真っ白だったプラグも焦げ茶色の良いやけ色がつき問題なし。



コチラも修理依頼、ケイヒンバタフライのヘリサート加工です。
マウントボルトねじ山が2つともナメています。
a0248662_056535.jpg
a0248662_057686.jpg
a0248662_0571712.jpg
a0248662_0575153.jpg
a0248662_0581454.jpg

インシュレーターも10mm厚のベークライトで製作。

a0248662_0582583.jpg

インシュレーターに合わせスタッドボルト製作。

a0248662_0584681.jpg

スロットルアジャスタースクリュー製作。

a0248662_0585824.jpg

フロート調整。

という訳で今日はここまで。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-14 01:27 | 1947FL1200 | Comments(0)


<< 授業風景      H塚さんのトライアンフ・シリン... >>