Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 12日

H塚さんのトライアンフ・シリンダーヘッド

トリニティースクールの卒業生であるH塚さん。
もともとのシリンダーヘッドが駄目になったようで、良品シリンダーを手に入れVMSで部分修理です。

a0248662_0583064.jpg

まずはヘッド・ガイド回りの計測作業。バルブ、バルブガイドは交換決定。
ヘッド側のバルブガイドホールはドライブサイドのEXは残念ながら0.02mm楕円。
他は楕円無く良好です。

a0248662_05924.jpg
a0248662_0591184.jpg

という訳で何時ものようにkibble white製のガイド加工です。
旋盤に両センターでセットアップ。ガイドの圧入部分(切削部)の平行度をチェック・調整。

a0248662_0592695.jpg

ヘッドに対し嵌め代0.04mmのサイズで切削。

a0248662_0594687.jpg
a0248662_0595657.jpg

テーパーにならずしっかり数値が出ました。

a0248662_112097.jpg

でこちらも毎度です。予めガイド穴をステムシャフト+クリアランス分リーマー加工。
これをやっておくとガイド圧入後のリーマー通しが楽になります。
以前に作ったBSA用の生爪が使えました。


a0248662_10613.jpg

ガイド加工終わり。
ドライブサイドのEXガイドは真円拡大後の数値にしてあります。

a0248662_121294.jpg

a0248662_102415.jpg

で、ヘッド側ガイドホールの真円加工冶具製作。
ドライブサイドのEXガイドホールリーミング。

a0248662_13585.jpg
a0248662_131758.jpg

ケースを暖めガイド圧入。
良い圧入っぷりです。

a0248662_132896.jpg

圧入後ヘッドを冷まし、嵌め代分縮んだガイド穴をリーミング。

a0248662_134899.jpg

シート回りの加工をする前にバルブシートとバルブの当りっぷりを光明丹でチェック。
四箇所とも全周であたっています。
つまりガイド加工、垂直圧入がうまくいったってことですね。

バルブシートは状態が良いので、このあとのシート加工は楽できそうです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-06-12 01:33 | その他 | Comments(0)


<< 1947FL1200 分解作業      1938 INDIAN CHI... >>