2014年 05月 31日

1965XLCH900 始動

遂にF井さんのアイアンスポーツもエンジン始動。
ケイヒンキャブ、マグネトーの組み合わせも問題なく始動性も良い。
しかしながら、エンジンから不定期に「キュン・キャン」と甲高い音が・・・

a0248662_834887.jpg

まさかと思い、ヘッド・シリンダーの合わせ面付近にパーツクリーナーをかけると、すぐさまストール。
フロントシリンダーヘッド面から圧縮漏れをしています。
確かにこのヘッド、面が荒れていて定盤面研時にF井さんが苦労していました。やはり定盤での面研は限界があります。


a0248662_8342386.jpg
a0248662_8343314.jpg
a0248662_8344326.jpg

という訳でヘッド・シリンダーをバラシ、急遽Rテックエンジニアリングさんへ。
ヘッド面研・シリンダー面研し、切削したぶんを考慮してシリンダーのインロー部(凸の部分)も切削。
丁度フライスも開いていたということもあり、急なお願いも快く引き受けてくれました。
本当いつも有難う御座います。

これでヘッド面は問題なし、次回はいかに。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-31 08:59 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< ハーレークラス第一期生のMさん...      1963FLH1200 T/M分解 >>