Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 08日

1977XLCR 手直し

一回目の試乗を終えたXLCR。駄目だった部分を解消して行きます。


a0248662_255771.jpg

まずはリアのブレーキローター。
ブレーキローターが偏心してしまっている為、ブレーキペダルを踏んだときにキックバックがありました。
ローターは新品に交換。

a0248662_281391.jpg

サイレンサーの後ろに行ってしまい立てづらいキックスタンドは引っ掛け棒を溶接。

a0248662_283042.jpg

a0248662_284160.jpg

オーナーからの要望で、クラッチのインナースプリングを線径の細いものにして、クラッチを以前よりも軽くしました。

a0248662_295754.jpg
a0248662_210713.jpg

エキゾーストパイプと干渉してしまうため、シフトペダルの位置を高めでセットアップしていましたが、非業に乗りづらい・・・。
マフラーサポートチューブの位置をシム調整、サイレンサーのマウント位置を変更しシフトチェンジしやすくしました。

a0248662_2104673.jpg
a0248662_2105679.jpg
a0248662_211584.jpg

ねじ山が弱っていて、シフトペグが緩んできてしまうのでヘリサート加工。
私はこのペグを走行中に2回落としたことがあります。

a0248662_211265.jpg

アイドリングが不安定な問題。
元々付いていたバタフライバルブはいくら調整しても、キャブボディとバタフライの右側に隙間が開いてしまう。コイツがアイドリング不安定の原因と思われます。

a0248662_2113449.jpg

良品と見比べる。

a0248662_211491.jpg

a0248662_211566.jpg

写真上が元々付いていたもの。写真下が良品。
下のバタフライバルブより、上のバタフライバルブの方が段差が多いです。
ここだけ削れるってことは考えづらいですから、製品不良でしょうか?

a0248662_2121262.jpg

ともあれ、良品を付けると隙間は無くなりました。
(ライトに照らしています)

a0248662_2122855.jpg

という訳で、2回目の試乗。
アイドリング問題、ブレーキ問題解消。キャブのセッティングも悪くないです。
後はある程度距離を乗り駄目だし、各部チェック・セッティングです。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-05-08 03:06 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1976XLCH1000 分解...      1965XLCH900 キャブ... >>