Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 29日

1939EL1000 なんやかんや製作

Wさんのナックルヘッド、今日は細かな製作作業。

a0248662_113029.jpg

a0248662_1131037.jpg

まずはキャブレーター。
インシュレーターを布メークライトの厚み15mmのもを使います。
ベークライトは耐熱性に優れた合成樹脂でシリンダーヘッドの熱をキャブレーターに伝わりづらくします。

a0248662_1132739.jpg
a0248662_113356.jpg

元々付いていたインシュレーターよりも厚みが増し、キャブレーター位置が変わってので、合わしてマウントステー製作。

a0248662_1135958.jpg

オイルポンプ。
コチラも元々付いてた40年代のオイルポンプから30年代のポンプに交換したため、オイルラインが変わりました。

a0248662_1142990.jpg
a0248662_1145439.jpg

元々付いていたオイルラインを手本にして銅パイプを曲げ、オイルライン製作。

a0248662_1151570.jpg

オイルフィッティングに合わせ、テーパー角15度のフレア加工。
純正のものはもうチョット広い角度のようです。

a0248662_1154325.jpg

一応、灯油で漏れチェック。

a0248662_116033.jpg
a0248662_116419.jpg

という訳で完成。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-29 02:10 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1947FL1200 授業開始      1975XLH1000 Rホイ... >>