Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 23日

1967XLH900 エレクトリックスターター&カム回り

部分修理コースのK松さんのアイアンスポーツ。
オイルポンプの取り付けが終わり、タイミングギア回りを取り付けです。

a0248662_122024.jpg
a0248662_122157.jpg

カムシャフトとブッシュ内径を計測。
クリアランスは0.04mm程度で良好で一安心でしたが・・・

a0248662_1224768.jpg

カム山には虫食いが・・・
すぐに交換したいところですが予算と時間の問題で今回は目を瞑ることに。
カムシャフトを手に入れ次回、交換予定。

a0248662_1225749.jpg
a0248662_12354.jpg

で、カムを組みます。
クランクケースを分解している場合はダイヤルゲージでスラスト量を計測するのですが、今回は組んだままの調整。タペットガイドを抜きガイドホールに指を突っ込み0.1mm程度のクリアランスになるようにシム調整。
ひとつづつカムを組み、シムを厚みを一枚づつ変え指先でガタを感じます。数値で追えない分面倒臭いですが、人間の感覚を馬鹿には出来ません。

a0248662_1451982.jpg

a0248662_1231973.jpg

カムタイミングを合わして、タペット調整。
でタイミングギア回りは終わり。



a0248662_1204998.jpg

今回の目的のひとつ、エレクトリックスターターを取り付けます。
スターターユニットは中古で購入。

a0248662_121263.jpg

アーマチュアコイルのコミュテーター研磨、セグメント溝のカーボン除去。
ブラシは問題なし。

a0248662_1211110.jpg

作動チェックし、問題無く回ります。

a0248662_12353100.jpg

スターターモーターハウジングは使い物にならず社外品の新品に交換。

a0248662_1243619.jpg

スタータースラストワッシャーは中古品の物を抜き新品ハウジングに付けカシメます。

a0248662_1212885.jpg

スターターユニットをケースに取りつけ、オイルラインを引き直し。
ってな感じで今日はここまで。次回は配線回りです。



部分修理コースでの生徒さんも募集しています。興味のある方はご連絡下さい。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-23 02:01 | 1967XLH900 | Comments(0)


<< VMSツーリング      1965XLCH900 フロン... >>