Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 10日

復活のF (バルブガイド)

約2ヶ月間休学していたF井さん4月から復活、ヘッド回りの作業です。
実はヘッド回りの作業は2回目。元々車両についていたヘッドはバキバキに割れていて使い物にならず・・・。
F井さんが知人から譲り受けたヘッドを900cc用と勘違いをして、ガイド交換シートカットをしてしまいました。
要因は確認作業を怠った事です。確認した〝つもり”でした。
一度に複数の生徒さんを指導する私の役割として、確認作業は重要な仕事です。
それを〝つもり”にしてしまった事を非常に反省しました。
それでも前向きに作業をするF井さんに感謝しています。

a0248662_0592050.jpg

という訳で2度目の作業。
清掃・カーボン除去しロッカー側、シリンダー側の面研。

a0248662_10462.jpg

バルブガイドホールの内径計測。
F・R共に楕円無し。STDサイズのガイドでいけますが、R側は少々小さめ。

a0248662_102296.jpg

a0248662_104431.jpg

使うバルブ・バルブガイドはKIBBLE WHITH製。
このガイドの内径はバルブステムに対して小さく作れれています。
専用生爪に銜え、専用リーマーで予め内径拡大しておきます。

a0248662_132641.jpg

でガイド圧入。
フロント側は嵌め代0.02mm程度で問題なし。

a0248662_111977.jpg

リア側はヘッドのガイドホールが少々小さく嵌め代が0.03mm~0.04mm。
鉄鉄の圧入だとキツイです。
ガイド圧入部分を0.01mm程度研磨。

a0248662_114533.jpg
a0248662_1299.jpg

圧入完了後、嵌め代分縮まったガイド内径を専用リーマーで拡大。

a0248662_145761.jpg

ついでに、なめてしまっていたロッカーカバーボルトの雌ネジをヘリサート加工。
a0248662_15163.jpg

a0248662_153873.jpg

という訳で次回はシートカット&擦り合わせ。


慣らしの旅
a0248662_14571.jpg
a0248662_142920.jpg

最近非常に気にっている、昭和の匂いが残る定食屋松永で腹ごしらえ後、XLCHのO仲君は引率のE本先生と慣らしの旅へ。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-10 01:57 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 内燃機の行く末を憂う者たち、肉...      授業風景 >>