Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 08日

1939EL1000 キャブレーター回り

今日はW辺さんのナックルヘッド・キャブ回り。
まずはマニホールドから。

a0248662_2213327.jpg
a0248662_2214551.jpg

マニホールドとブラスリング。
このブラスリングは以前に新品に交換したもののようですが、マニホールドとリングに隙間があります。
この隙間から2次エアを吸うのでは?マニホールド自体も個体差がるのでブラスリングをマニホールドに合わせ単品製作。

a0248662_2402162.jpg

a0248662_2215552.jpg

マニホールドに軽い圧入程度で入るようにしました。

a0248662_222815.jpg
a0248662_2221827.jpg

リンカートキャブの調整へ。
まず、フロートに灯油を入れフロートバルブ・シートが利いているかチェック。
灯油がピタッと止まり問題なし。
フロートレベルも調整。マニュアル値(1/4”)だと濃い目になる事が多いので少し低めに設定。
フロートの浮きっぷりが水平になるようにします。

a0248662_2223018.jpg
a0248662_2225617.jpg

スロットルシャフトはガタがあったので、ブッシュ交換。

a0248662_223583.jpg
a0248662_2232369.jpg

少々擦り合わせをして、シャフトも良品のものと交換しました。



レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-08 03:01 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 授業風景      1975XLH1000 プライ... >>