Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 02日

1977XLCR クラッチコントロール

今日はXLCRクラッチコントロールのおはなし。

a0248662_023160.jpg

XLCRのクラッチケーブルは、同じく70年代のアイアンスポーツのクラッチケーブルSTDサイズのものよりも130mmほど短い。(画像左、XLCR 右アイアンSTD)
残念ながらXLCR用のクラッチケーブルはリプロパーツでは出ていません。
という訳でケーブル製作。


アウターケーブルの長さは930mm インナーケブルの太さは3.5mm

a0248662_0233437.jpg
a0248662_023447.jpg

タイコを製作しハンダ付け。

a0248662_0235482.jpg
a0248662_024489.jpg

ケーブルフィッテングも製作。
アウターケーブルとインナーケーブルの差は170mm。

a0248662_0242013.jpg

という訳でケーブル完成。

a0248662_0244741.jpg

しかしながら、プライマリーカバーのクラッチケーブルアジャスターのねじ山がナメていたことに今頃気づく・・・。
ここはよくナメテいるポイントです。

a0248662_0245871.jpg
a0248662_0251099.jpg
a0248662_0252498.jpg

という訳で、ボール盤にプライマリカバーをセットアップしヘリサート加工。
このセットアップに時間がかかります。

a0248662_0254710.jpg

a0248662_0255832.jpg

クラッチアジャスターを付け、遊び調整。
ドンツキから1/4回転戻し。

a0248662_026894.jpg

ケーブル側のアジャスターで微調整し完成。
これで次回はエンジン始動です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-02 01:24 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1968XLCH900 車検取得      1936EL1000 シリンダ... >>