2014年 04月 01日

1936EL1000 シリンダー・シリンダーヘッド取り付け

今日はW辺さんのナックルヘッド、腰上組みつけ。

a0248662_2235626.jpg

シリンダーは以前にW辺さんがスリーブ加工に出し所有していたものを使います。
ピストンはWPC処理してあります。

a0248662_224679.jpg
a0248662_2244140.jpg

ピストンリングギャップ、リングクリアランスをチェック。
リングギャップは0.45mm リングクリアランスは0.06mm

a0248662_2255258.jpg

a0248662_226421.jpg

50年台まで使われていたL字型断面のピストンピンクリップ。
専用工具を使わないとつけるのが非常に難しいのですが、工具を使っても入れづらい・・・。

a0248662_2261710.jpg

シリンダーを取り付け、ベースナットを均等締め、トルク管理をします。

a0248662_2262871.jpg

ヘッドを乗せ仮組み。
このとき前後シリンダーヘッドのマニホールド面を平行になるように組みます。
(インテークマニホールドの2次エア防止)

a0248662_2263793.jpg

ヘッドもトルク管理をして取り付け。

a0248662_2264641.jpg

腰上が完成。ナックルヘッドさんこんにちわ。
次回は、プッシュロッド、キャブレーター回りです。

a0248662_2274233.jpg

お昼は最近お気に入りの定食屋「松永」へ。
味・コストパフォーマンス共にGOOD。昭和に匂いが残る私好みのお店です。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-04-01 03:13 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1977XLCR クラッチコン...      1979FLH1340 リアホ... >>