2014年 03月 29日

1977XLCR 点火時期調整・マフラー取り付け

フルレストア依頼のXLCRもラストスパートです。

a0248662_2264310.jpg
a0248662_2265840.jpg

配線引き直し作業も終わり、バッテリーを付けそれぞれ点灯チェック。

a0248662_2271265.jpg

サーキットブレーカーを分解清掃。

a0248662_2272293.jpg

ポイント・コンデンサーは新品に交換。
ポイントは純正品、コンデンサーはブルーストリーク製。

a0248662_2273188.jpg

ガバナースプリングも交換。

a0248662_2274164.jpg

プラグコードは長さを合わせ製作。

a0248662_2275767.jpg

で、点火時期調整。
ポイントギャップは0.5mm。フロント・リア共にチェック。

a0248662_2281983.jpg
a0248662_2283251.jpg

クランク位置をフロントシリンダーのフル進角時期(1000ccのアイアンはフロントシリンダー圧縮上死点前40度)に合わせます。このときタイミングホールには棒線が出ます。
クランクがこの位置の時に、サーキットブレーカーカムが一番進んだ状態(ガバナが一番開いた状態)のときにポイント接点が開き始める位置にします。

a0248662_2301955.jpg
a0248662_2303016.jpg

いきなりトランスミッションスプロケット。
規定トルクで締め付け、ドライブチェーン取り付け。

a0248662_2313348.jpg

で、リアブレーキのエア抜き。
XLCRはスプロケットカバーにリアマスターシリンダーが付きブレーキラインもパイプなので、トランスミッションスプロケット交換時にブレーキラインを抜く必要がありメンドクサイです。

a0248662_2322562.jpg

コチラはサイアミーズマフラー。
フィッティング確認後、耐熱ブラックで塗装。お陰でガレージ内は真っ黒に。

a0248662_2324244.jpg
a0248662_2325247.jpg

マフラー取り付け。
だいぶ形になって来ました。

a0248662_233112.jpg






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-29 03:04 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 1979FLH1340 リアホ...      1975XLH1000 スイン... >>