Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 18日

1936EL1000 ロッカーアームスラスト

今日はW辺さんのナックルヘッド、ロッカーアームスラスト。

a0248662_1155110.jpg

ナックルのロッカーシャフトはプッシュロッド側はロッカーカバーにマウントされ、バルブ側はヘッドにマウントされます。ロッカーカバーはヘッドの3本の支柱にマウントされます。

a0248662_116481.jpg

ロッカーアームのスラストはロッカーアームスラストワッシャー(段付きになっている)の凸の量で決まります。

a0248662_1165319.jpg
a0248662_1171178.jpg

ロッカーカバーの位置はロッカーアームシャフトとスラストワッシャーの距離で決まります。
スラストワッシャーの凸の距離でスラスト量はでるので、ロッカーアームシャフトナットを締めすぎによりロッカーアームの動きが渋くなるということはありません。

a0248662_1174622.jpg
a0248662_1175684.jpg

ロッカーカバーをとめるヘッド側のマウント部分は折れて溶接で直しているものが多いようです。
3点の面と位置がでていることを確認します。

a0248662_1183952.jpg

ロッカーアームシールを入れる前に仮組みしてスラスト量を確認。
マニュアルの規定スラスト量は0.177mm~0.4mm

a0248662_1192331.jpg

R、インテーク側が少々小さかったので、専用生爪を製作し旋盤でスラストワッシャーを加工。
スラスト量を0.2mm~0.4mmの間に収めました。

a0248662_11111675.jpg







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-18 12:03 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1967XLH900 再会      授業風景 >>