Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

1963FLH1200 2次エアー

修理依頼のパンヘッド。エンジンがかからなくなった、という事で持ち込まれました。
火花は飛んでいる、圧縮はある、ガソリンはキャブまで来ている、という事でキャブ・インテークマニホールドあたりからの2次エアを疑い分解。

a0248662_9315433.jpg

マニホールドのOリング。
コイツもやられているので交換。

a0248662_932677.jpg
a0248662_9321455.jpg

インマニとキャブの当り面の下側から吹き返した後があります。
コイツが怪しい。

a0248662_9323717.jpg

原因はここ。
キャブボディーのネジ山がナメています。
ここの締結が弱く2次エアを吸っていたのでしょう。

a0248662_932553.jpg

一応、キャブも点検・清掃。

a0248662_9331380.jpg

インテークマニホールドのキャブボディーとの当り面は歪んでいます。
先日お話しましたが、Oリングでシーリングするタイプはボディー面とマニホールド面の間にあるOリングを潰してシーリングするため、面当りしていないインマニ面はネジを締めこむことで歪んでしまいます。

a0248662_9333774.jpg

a0248662_9334736.jpg

ボディー側、インマニ側共に面研し、インシュレーター、紙ガスケット製作。

a0248662_934025.jpg
a0248662_9341049.jpg

壊れていたねじ山もヘリサート加工。

a0248662_1064280.jpg

二次エアも無くな、無事エンジンかかりました。
この後、試乗です。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-15 11:02 | その他 | Comments(0)


<< 授業風景      続・遊んでるわけではありません。 >>