2014年 03月 09日

1975XLH1000 オイルポンプ

今日はO山さんのアイアンスポーツ・オイルポンプのお話。
76年以前まで使われていたギア式のオイルポンプです。

a0248662_8122070.jpg
a0248662_8123640.jpg

清掃し各部チェック。ギア、オイルポンプボディー共に問題なし。

a0248662_813180.jpg

a0248662_8125187.jpg

オイルポンプボディー面面研し、ギアトボディー面の高さチェック。
ボディーとギアの高さの差異はほぼ〝0”で問題なし。
ボディー面よりギア面が下回っていると油圧が逃げてしまします。

a0248662_8133144.jpg

フィードギア側から組み付け。
回り止めのピンが入ります。

a0248662_8135795.jpg

コチラはスカベンジャー側。
回り止めのキーが入り、サークリップで止めます。

a0248662_814742.jpg

オイルポンプボディーボルトを均等締め、10N.m程度で締め付け、オイルポンプの回りっぷりをチェック。
引っ掛かり、渋みなど無く問題なし。

a0248662_814302.jpg

オイルを回し作動チェック。

a0248662_8145898.jpg
a0248662_815829.jpg

a0248662_8391043.jpg

オイルポンプギア、カムカバーを付け、オイルラインのチェック。
ビッグエンド・ヘッドのオイルラインにオイルが回りO.Kです。


a0248662_8181789.jpg





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-09 08:39 | 1975XLH1000 | Comments(0)


<< 授業風景      金曜日なんやかんやと >>