2014年 03月 05日

1968XLCH 本当の?エンジン始動

前回、エンジン始動したO仲君のアイアンスポーツ。
しかしながら、始動性が悪くエンジンをかけたのもオーナーではなくワタクシでした。
今回はオーナー自らのエンジン始動です。

始動性の悪さの原因は・・・マグネトー、キャブ、点火時期、カムタイミングまでみたものの一番の原因はインテークマニホールドからの2次エアとしょぼいもの。。。ワタクシの指導不足でした。
ともあれ、色々と解ったことがあり私自身勉強になりました。

a0248662_1171714.jpg

a0248662_1173219.jpg

日頃、使わないティロットソンキャブレーター。しかも加速ポンプが付いていないタイプ。
今回はオーナーの強い希望でコイツを使い、色々と勉強させてもらいました。

a0248662_1175368.jpg
a0248662_119543.jpg
a0248662_1193739.jpg

この車両は元々進角固定でマグネトーが付けられていました。
その為ハンドルグリップの進角コントロールスリーブも付いていません。
マグネトーコントロールアームを加工し、英車用のチョークレバーを使い進角コントロールを出来る様にしました。この後、進角レバーはハンドルに移設予定。



という訳でエンジン始動動画です。
加速ポンプを待たないティロットソンキャブにマグネトー点火で始動に苦戦すると思い油断していたら、エンジンがかかってしまい、慌ててキャメラを回しました。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-03-05 02:12 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 金曜日なんやかんやと      1975XLH1000 クラン... >>