Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 05日

1965XLCH900 プライマリー回り

今日はF井さんのアイアンスポーツ、プライマリー回りに組み立て。

a0248662_9384241.jpg

まずはトランスファーバルブ(ワンウェイバルブ)
このバルブはプライマリー・ミッション内の内圧をクランクケース側に逃がす役割をしています。
しかしながらこのバルブが壊れてしまうとクランクケース内のオイルがプライマリー側にいってしまいます。

a0248662_939478.jpg
a0248662_9395917.jpg
a0248662_940815.jpg

トランスファーボルトを使うのをやめ、栓ボルトをつくり塞いでしまいます。

a0248662_959157.jpg

プライマリー・ミッションのブリーザーは高年式のものと同じように、ブリーザーボルトをつくり、ミッションケースの上側につけました。

a0248662_9402976.jpg

コチラはエンジンスプロケットベアリングシール。
76年までのモデルはベアリングスペーサー内にオイルシールが入り、サークリップで止めます。

a0248662_9404616.jpg

まずはベアリングスペーサーをSSTで圧入。

a0248662_941299.jpg

サークリップの溝はカシメられ溝は幅は狭くなってしまっています・・・・。

a0248662_9411945.jpg

a0248662_9414081.jpg

しこしこと、サークリップを面研し取り付け。

a0248662_9415394.jpg

チェーンアジャスターライニングも交換。

a0248662_942203.jpg

エンジンスプロケット、クラッチスプロケット、クラッチハブ、プライマリーチェーンを取り付け、クラッチハブを規定トルクで締め付け。

なんやかんやと問題が多かったこの車両も、やっとここまで来たか・・・。と思いにふけっていましたが、この後まだまだ問題点が・・・。自分自身の問題点も含めまだまだネタは尽きません。
またその話は次回に。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-02-05 10:24 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1939EL1000 オイルポンプ      1939EL1000 ジェネレーター >>