2014年 01月 29日

1968XLCH クラッチ

今日はO仲君のアイアンスポーツ・クラッチのお話。
70年以前のモデルに使われていた乾式クラッチです。
ビッグツインのセミドライ・セミウェットのものとは違い、クラッチカバー(クラッチハウジングの蓋)が付くことで、プライマリーないで完全に乾式になっています。

a0248662_9562731.jpg

a0248662_1002170.jpg

a0248662_9572893.jpg
a0248662_9573811.jpg

a0248662_9574779.jpg

まずはクラッチハウジング内にスチールプレート、フリクッションプレートを入れていきます。
しかしながらスチール・フリクッション共に入りが渋い・・・。(今回使ったのはALUTO製のもの。以前は大丈夫だったのだが)
ともかくプレートがスムーズに動かなければいけませんので、プレートのスプライン部を削る。

a0248662_1005910.jpg

このクラッチのプッシュロッドは4分割になっています。
短くすることでプッシュロッドの〝しなり”を無くし、軽いタッチになります。

a0248662_101997.jpg

車体左側のスプロケットカバーにプッシュロッドを押す、リリースレバー(図8)が付いています。
スプロケットカバーに螺旋状のスプラインが切ってあり、レバーを引くとプッシュロッドを押す方向にリリースレバーが移動します。
そのアルミのスプロケットカバーに切ってあるスプラインにガタが出るとカバーごと交換しなければなりません。

a0248662_103236.jpg
a0248662_1032546.jpg

リリーシングディスク(図35)を組みます。
クラッチハブの印とリリーシングディスクの印を合わせると、クラッチはぶスタッドとリリーシングディスクのスプリングカップホールの中心がでます。

a0248662_1034324.jpg

クラッチスプリング取り付け長調整。
プレッシャープレートとスプリングカップの距離で3/16”(5mm程度)になるように、6本のスプリングを同じ距離にします。

a0248662_1041741.jpg

a0248662_1043281.jpg

クラッチ遊び調整。
図42のアジャスタースクリューでどんつきから1/4~1/2回転戻しし、レバー側のアジャスターでレバー側の遊びを作ります。
写真のアジャスタースリーブは調整がやり辛く、殆ど飾り。

a0248662_1044141.jpg

最後に実際にクラッチレバーを握り、クラッチの切れっぷりをチェック。
リリーシングディスクが均等に開くように調整。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。






Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-01-29 10:53 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR ヘッドライトケース      トリニティースクール終わりと始まり >>