Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 17日

1968XLCH900 オイルライン ~こんな事あるの~

先日お話した、F井さんのビッグエンドにオイルが行かない問題。
オイルポンプを組み、カムカバーをつけた状態で、オイルポンプにオイルを流しクランキングしてみると、ヘッド側に行くオイルラインの通路からはオイルがビュンビュン来るのですが、コンロッド・ビッグエンドからはオイルが出てこない・・・・。

a0248662_23343451.jpg
a0248662_23345916.jpg
a0248662_23351128.jpg
a0248662_23352026.jpg

まずは、オイル経路のおはなし。
オイルポンプから圧送されたオイルはカムカバーを通り、まず図④のピニオンシャフトを通りコンロッド・ビッグエンドへ。同時にカムカバーを通り図⑤ロッカーカバー側へ行くオイルラインへ行きます。
つまりは、図④あたりが怪しいわけです。


という訳でカムカバーをチェック。
a0248662_23353457.jpg

印されているカムカバー下側のオイル穴からオイルポンプから来たオイルが入り、カムカバー内に開いているオイルラインを通り、ピニオンブッシュ側、ロッカーカバー側(カバー上の印されているオイル穴)へオイルが行きます。

a0248662_2336299.jpg

サーキットブレーカーマウント部分にカムカバーのオイルラインの加工穴があり、メクラされています。

a0248662_23361448.jpg

ピニオンブッシュ側、斜めにオイルラインが開いてるはずなのですが、穴が見えません・・・。

a0248662_23362683.jpg

ピニオンブッシュの奥を見てみてもオイルラインの穴が開いていません・・・・!?
こんな事があるのですね。
つまり元々ビッグエンドに行くオイルラインが開いていません。
メーカーが穴を開けるのを忘れたのでしょうか?
イヤイヤすべてチェックしなければなりませんね・・・。


ちなみにコチラは良品(笑)
a0248662_23372737.jpg
a0248662_23374361.jpg

ピニオンブッシュ奥へ斜めにしっかりオイルラインが開いています。


a0248662_23403199.jpg

思い返せば、この車両のビッグエンド部はレース使い物にならず、コンロッド自体ザクザクやられていていたので、交換したのでいた。
もっと早くに気がつけばよかった・・・まだまだ修行が足りないです。

この後カムカバーオイルライン加工します。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-01-17 00:09 | 1965XLCH900 | Comments(1)
Commented by petrol at 2014-01-17 21:19 x
この瞬間がトリニ…いや、VMSだね。


<< 1968XLCH900 プライ...      1965XLCH900 オイルポンプ >>