2014年 01月 12日

1968XLCH900 キックスターター周り

今日はO仲君アイアンスポーツ・キックスターター周りのお話。

a0248662_2356469.jpg

まずはキックシャフトブッシュ。
クランクケース側、スプロケットカバー側共に、STDサイズのブッシュは手スポで入ってしまいました。
もちろんケース側カバー側共にブッシュホールは楕円になっています・・・。
アジャスタブルリーマーで真円加工しました。(この辺は写真取り忘れ)

a0248662_23561951.jpg
a0248662_23562960.jpg

真円拡大したブッシュホールに合わせブッシュ製作。
ケースを良く暖め、専用工具で圧入。

a0248662_23565885.jpg

スプロケットカバーを合わせた状態で擦り合わせをして、キックシャフトブッシュはO.K

a0248662_23575421.jpg

で、こちらはラチェットギアブッシュ。
73年以前のブッシュにスプリング、カラーの受けがあるタイプです。
以前にもお話しましたが、このこのブッシュの受けであるクラッチスプロケットカラーはエンジン回転中常に回っているので、ラチェットギアブッシュは磨耗しているものが多いです。
ここのブッシュが減るとラチェットギアと、スターターラチェットの噛み合いが悪くなり、ギア抜けの原因になります。
もちろんこの車両もガタがあったので新品ブッシュに交換するのですが、クラッチスプロケットカラーに対してブッシュ内径が0.39mmも小さい・・・。

a0248662_00418.jpg

専用生爪を製作し、内径ボーリングします。

a0248662_00171.jpg
a0248662_002896.jpg

ボーリング後、圧入。
少々ラッピングして完成です。


a0248662_014219.jpg

ちなみに、クラッチスプロケットカラーは年式によって長さが違います。 
1957~1970年 1.047”
1971~1979年 1.153”
クラッチの仕組みが変わりますから。

a0248662_005592.jpg
a0248662_01562.jpg

仮組みして、動作チェック。
問題なく、次回はプライマリー周りを組み付けます。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、今年から東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。





Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

by sgf1906 | 2014-01-12 00:31 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 授業風景      1976FX1200 試乗 >>