2013年 12月 21日

1977XLCR シリンダー・シリンダーヘッド組み付け

今日はアイアンスポーツ・XLCRの組み付け作業。
Rテックエンジニアリングさんからシリンダーボーリング加工が上がって来たので組み上げていきます。

a0248662_1371413.jpg

まずはピストンリングのチェック。

a0248662_1374639.jpg

今回のリングは1st,2ndリング共に、テーパフェースタイプ。

a0248662_1375439.jpg
a0248662_13833.jpg

リングギャップ・サイドクリアランスをチェック。
マニュアル上では リングギャップ・・・・・・.003-.004in (0.38mm-0.6mm)
            サイドクリアランス・・・.0035-.005in (0.076mm-0.12)

a0248662_1381568.jpg

a0248662_1382486.jpg

コンロッドにピストンを組み、ピストンリングコンプレッサーをセット。
シリンダーを組み、4個ベースナットを均等に締め付けます。
ベースナット締め付けトルク・・・40N.m

a0248662_139149.jpg

ヘッドを組み付けます。
77年以降から、フロント・リア別々にヘッドとフレームをマウントするのですが、リア側のマウントの位置が合わなくなる事が多いです・・・。

a0248662_1393024.jpg

一旦ヘッドを外しマウントのカラー長さを調整、マウント自体も少々加工しフィッテング。

a0248662_1394452.jpg
a0248662_1395348.jpg

フロント側もマウントとフレームの間をシム調整。

a0248662_140593.jpg

a0248662_1402818.jpg

インテークマニホールドを合わせ、ヘッドの角度を調整しヘッドボルト締め付け。
シリンダーヘッドボルト締め付けトルク・・・88N.m

a0248662_1404397.jpg

お次はプッシュロッド。
状態が悪かった、プッシュロッドカバー、オイルラインは新品。
プッシュロッドは純正のアルミ製からクロモリ製のものに交換。

a0248662_141450.jpg

タペットクリアランス調整。
フロント・リアシリンダーそれぞれピストン位置を圧縮上死点(IN・EX共にタペットが一番下がっているところ)でクリアランス調整をします。

a0248662_1411455.jpg

鉄シリンダー・鉄ヘッドと膨張率が近いクロモリ製(鉄)プッシュロッドで組んでいるので、クリアランスは詰め気味で調整。クリアランス0地点からアジャスタースクリュー1/8回転戻し。(約0.1mm程度のクリアランス)
純正のアルミプッシュロッドの場合、熱膨張時にドッ付いてしまう恐れがあるのでクリアランス多目が良いです。

a0248662_1415113.jpg

a0248662_142024.jpg

ダイナモを付け、今日はここまで。
明日は餅つきであります。




ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-12-21 02:41 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 餅つき大会      1965XLCH900 ローリ... >>