2013年 12月 18日

1965XLCH900 ローリングシャシー

今日はF井さんのアイアンスポーツ、車体周りのお話。
F井さんの車両も年内にここまで来ました。

a0248662_3394966.jpg
a0248662_34037.jpg

まずはネックベアリング。
問題の多いアイアンですがフレームのヘッドチューブ・ベアリングカップホールも楕円無く無事。
ヘッドチューブの距離(ロアーカップからアッパーカップ)が短い為、ここが楕円になってしまっている場合があります。こちらをどーぞ。

a0248662_3401232.jpg

専用工具で上下ネックカップを圧入。

a0248662_3405836.jpg

a0248662_341891.jpg

三又部。60年代のアイアンはアッパーブラケットが鉄製です。
ハンドルバー・ラバーマウントを交換。

a0248662_3403787.jpg
a0248662_3404764.jpg
a0248662_3411819.jpg

5/16”ボールベアリング(上下15個づつ)を入れフロントフォークを取り付け。

a0248662_3412956.jpg

リアショックは66年以前の純正。

a0248662_3414591.jpg

分解して油圧ダンパーをチェック。
チェックというものの、油圧の利きっぷりを手で動かし確認しただけですが・・・。
まぁ油圧は抜けていないようなので大丈夫でしょう。

a0248662_3421619.jpg

リム組み、振れどりが終わったホイールは、タイヤを付ける前に前後とも車体に取り付け、センターを確認。

a0248662_3423119.jpg

ホイールにタイヤをつけ、ローリングシャシーになりました。
フルドレスFLHの横に並び、やけに華奢に見えるアイアンでありました。





ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-12-18 04:33 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR シリンダー・...      1939EL1000 クランク... >>