2013年 12月 14日

1977XLCR クラッチ

71年以降のアイアンの湿式クラッチ。
今日はこいつの組み立て。

a0248662_213091.jpg
a0248662_2135964.jpg

図12のプレッシャープレートに図3のカラー、図10・11のスチールプレート、フリクッションプレート、図9のアウターフリクッションプレート、図2のリリーシングディスクが付き、クラッチアッセンブリーとなります。
リリースディスクが内側からスプリングに押されクラッチがつながった状態になります。
プライマリーカバーに付いたアジャスタースクリューにリリースディスクが押されることにより、カラーとスタッドで連結しているプレッシャープレートが押され、スチールプレート、フリクッションプレートに隙間が開きクラッチが切れます。
という訳で各部チェック。
a0248662_2172398.jpg

a0248662_2173546.jpg

フリクッションディスクの厚みは2.7mm程度でほぼ減っておらず問題なし。

a0248662_218654.jpg

a0248662_2193121.jpg

随分焼けてしまっているスチールディスク。
定盤でチェックしてみると随分反ってしまっています。
これではクラッチの切れは悪くなります。

a0248662_2182679.jpg

スチールディスクは交換。

a0248662_220459.jpg

スタッドスペーサー。
L74年以降はこのスペーサーの長さで、クラッチスプリングの取り付け長を調整します。
このスペーサーはSTDサイズ(1.530”)
他に1.490”、1.450”があり、スチールディスク、フリクッションディスクが薄くなったことにより、クラッチが滑りやすくなった場合、短いスペーサーを入れ、調整するのでしょうが僕は変えてことはありません。

a0248662_22052100.jpg

組み付けて行きます。
クラッチシェル、クラッチハブを取り付けクラッチハブナットを規定トルクで締め付けます。

a0248662_22178.jpg

プレッシャープレート、スペーサーを取り付け・・・

a0248662_2212273.jpg

フリクッションプレート、スチールプレートの順で組んでいきます。

a0248662_2213558.jpg

アウターフリクッションプレートを止めるリテーニングリングを付け、クラッチスプリング、リリーシングディスクを
スプリングコンプレーッサーで止め、ナットを締め付けます。

a0248662_2215028.jpg
a0248662_2221792.jpg

先ほども述べましたが、カラーの長さでスプリング取り付け長を調整します。
アウターフリクッションプレートとリリースディスクの間での距離でチェック。
マニュアルでは1/8”minimumとなっています。まぁ3mm以上4mm未満というところでしょうか。

a0248662_2222512.jpg

という訳で、プライマリー周り完成です。




ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-12-14 03:16 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 授業風景      1977XLCR ジェネレーター2 >>