2013年 12月 11日

1965XLCH900 クランク芯だし

今日はF井さんのアイアンスポーツ、クランク芯だしです。

a0248662_126238.jpg
a0248662_1261379.jpg

クランクシャフトの振れは大きく分けて2種類。
図Cの左右のフライホイールのズレ。
図A.Bのフライホイールの開き、閉じです。
この二つを調整しシャフトの振れをとりながら、クランクピンナットを締めていき、最終的に規定締め付けトルクで締めたときに、芯が出てるようにします。

a0248662_1263167.jpg

まずは図Cの左右フライホイールのズレを調整。
フライホイールのずれっぷりをシックネスゲージで確認しつつ、偏芯検査器でシャフトの振れを見てフライホイールの側面を叩き修正していきます。

a0248662_126548.jpg
a0248662_127219.jpg
a0248662_1273912.jpg

今回大変だったのが図A.Bのフライホイールの開き。
左右のフライホイールの距離を測り目安にし、左右のフライホイールを開いたり、閉じたりし調整していくのですが、今回のクランクは左右対称に変化してくれません。
例えば、クランプでフライホールを縮めると、ドライブ側は0.02mm変化したとすると、タイミング側は0.08mm変化するといった感じ。これでは左右のフライホイールを一緒に締め付けるクランプでは調整しきれません。

一旦フライホイールを多目に開いておき、動いて欲しいフライホイールを叩くという作戦に。
叩いては偏芯検査器でチェックを繰り返しどうにかこうにか規定値ないになりました。

a0248662_128582.jpg

最後に規定トルクで締め付け、シャフトの振れが変化することなく芯だし完了。
(最後の締め付けでシャフトが振れてしまう事があるので、何時もドキドキします。もちろん振れてしまったらやり直し)

a0248662_1282242.jpg

位置が合わないロックタブは、ボルト穴を一旦溶接で埋め、合う位置に穴を開けなおし付けました。




タイミング側0.02mm、ドライブ側0.01mmの触れ。
苦労した今回のフライホイール。これが限界か?イヤイヤ時間をかければもっと詰められるか?芯だしばかりやっている訳にもイカンな。などと葛藤がありながも、規定値内だし今回はここまで。
とはいえ、苦労した分、勉強になりました。





ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-12-11 02:16 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR ジェネレーター2      1939EL1000 タイミン... >>