Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 28日

1968XLCH900 オイルポンプ

今日はO仲君のアイアンスポーツ・オイルポンプ。
オイルポンプボディー、ギアに問題が無かったのでどんどん組んでいきます。
オイルポンプスタッド製作、スタッド雌ネジヘリサートなどはしましたが・・・。

a0248662_1145919.jpg
a0248662_1152171.jpg

まずは、ギアとボディーのクリアランスチェック。
アイアンの場合はボディー面とギア側面は面一。
ギア側がボディー面より出ていると、ポンプの回りが渋くなり、ボディー面のほうが高いと油圧が弱くなります。
このオイルポンプも、フィード側、リターン側共に面一でありました。

a0248662_1153733.jpg

アイアンの薄いオイルポンプガスケットは厚み0.16mm。
つまり、この厚みがオイルポンプボディーとギアのクリアランスとなります。

a0248662_1161118.jpg

オイルポンプ取り付けナットを締め付けトルクで均等締めし、ブリーザーバルブギアを回し、回りっぷりをチェック。問題なかったので本組み。

a0248662_1162826.jpg

まずはフィードギアから。
ギアの回り止めロールピンをシャフトに圧入。

a0248662_1164579.jpg

a0248662_1165531.jpg

リターン側はキーを入れ、Cクリップを付けます。

a0248662_117696.jpg
a0248662_1171567.jpg

実際にオイルを入れ、クランキングし作動チェック。
元気よくオイルが出てきて、オイルポンプ完了です。





ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-28 01:48 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR なんやかんやと      1965XLCH900 T/M... >>