Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 26日

1939EL1000 クランク芯だし

W辺さんのナックルヘッド。コンロッドのスラスト調整が終わり、クランク芯だしです。

a0248662_8555388.jpg
a0248662_8561547.jpg

スプロケットシャフト、ピニオンシャフトはJIMS製に交換し、規定トルクで締め付け、コンロッドを組み芯だし。

a0248662_8564277.jpg
a0248662_8595541.jpg
a0248662_90771.jpg

何時ものように、左右のフライホイールのズレを修正し、ハの字、逆ハの字を修正しつつ、シャフトの触れをチェック。クランクピンナットを締め付け、振れチェック。
これを繰り返しシャフトの振れを無くしていきます。

a0248662_90171.jpg

今回はドライブ側ほぼ“0”、タイミング側は0.01mm以内に振れに収めました。








ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-26 09:22 | 1939EL1000 | Comments(0)


<< 1965XLCH900 T/M...      1979FLH1340 スプリ... >>