Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 23日

1977XLCR 腰下

縮み塗装が上がってきたアイアン・XLCR。どんどん組んでいきます。

a0248662_745422.jpg

a0248662_745292.jpg

まずはタペット。
ローラーのガタは4本とも0.02mm程度で問題無し。

a0248662_7454082.jpg

タペットとガイドにガタがあったのでガイドを交換。

a0248662_7455978.jpg

a0248662_831278.jpg

でコチラはカム。
ブッシュの合わせは終わっているので、カムスラストをシム調整します。

a0248662_843077.jpg

a0248662_845146.jpg

スラスト量はそれぞれ0.1mm程度に。

a0248662_7461071.jpg

タイミングマークを合わせ、カムカバーを閉じます。

a0248662_746233.jpg

カムカバーを組む前に、ブレーカーポイントのシールを圧入。

a0248662_7463494.jpg

ミッションも調整事は終わっているので組みます。

a0248662_747173.jpg

スプロケット側のメインシャフトベアリングにグリスを塗り、貼り付けておいてカセットミッションをアッセンブリーで差し込みます。

a0248662_7464658.jpg

77年以降はこの長いシフターシャフト。軸受けブッシュがミッションケースとプライマリーで距離が長く、シャフトも長いため、非常に弱く思われます。
先端に付いているシムでスラスト調整。

a0248662_7473891.jpg

プライマリーカバーを仮組みしチェック。
スラスト量、ブッシュのガタ、それぞれあるので交換予定。

a0248662_7523934.jpg

a0248662_75321100.jpg

エンジンスプロケットシャフトシールを付け・・・

a0248662_7474883.jpg

フレームに乗っけ。とりあえずここまで来ました。




ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-23 08:27 | 1977XLCR1000 | Comments(0)


<< 授業風景      1965XLCH900 ピニオ... >>