Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 21日

1965XLCH900 ピニオンシャフトブッシュ

カムブッシュ周りの調整が終わったF井さんのアイアンスポーツ。
今日はピニオンブッシュのお話。

a0248662_17194.jpg

JIMS製のピニオンブッシュの内径は小さく作られていて、使うピニオンシャフトよりも0.06mm小さく、予め内径拡大します。
元々小さく作られているブッシュを圧入すると、嵌め代分内径は縮み、それにプラスクリアランス分拡大するとなると0.1mm以上リーマーで拡大しなければなりません。これは非常に大変なので、予め拡大しておきます。

a0248662_171267.jpg

専用に作った生爪を使い旋盤に銜え、内径拡大。
シャフトに対して0.02~0.03mm拡大しました。

a0248662_172479.jpg
a0248662_173693.jpg

回り止めのダウエルピン穴を作り・・・

a0248662_174794.jpg

カムカバーに圧入。嵌め代は0.04mm

a0248662_181073.jpg

圧入後内径計測。ブッシュ内径は縮みシャフトとのクリアランスは0状態に。

a0248662_181946.jpg

製作した専用リーマー&冶具で内径拡大します。

a0248662_183066.jpg
a0248662_185660.jpg

カムカバーを付け、ピニオンシャフトベアリングレースを軸にしてラインリーミング。

a0248662_194498.jpg

リーミング後最終確認。
4つのカムシャフト、使うピニオンベアリングローラー、オイルポンプギアシャフトを組み、カムカバーが閉じた状態でピニオンシャフトを手で回し、回りっぷりをチェック。
無事スルスル回ります。

という訳でタイミングギア周りの調整事は終わり、次回はピニオンシャフトをフライホイールに組みクランク芯だしです。





ハーレー・レストアスクール生徒募集中

今年一杯でトリニティースクールは閉校となってしまいますが、ハーレーのレストアスクールは継続していきます。
来年からは心機一転、東京の足立区に場所を変えバイクいじりに励んでいきます。
興味・質問がある方は sgf1906@nifty.com までお問い合わせ下さい。

ハーレークラス講師  奈良 純




わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2013-11-21 01:38 | 1965XLCH900 | Comments(0)


<< 1977XLCR 腰下      1968XLCH900 トラン... >>